フィリピン現地 '生' 情報発信

フィリピンで外国人が戸建て物件購入できないという嘘

おそらく、その知識は間違っている可能性が高いですので
ご確認して頂ければ幸いに思います。


“知らず知らずに浸透している、ネット上で広く公言されている、
フィリピンの不動産に関する情報”をすぐに鵜呑みにせず、
一歩距離をおいて見ることが非常に大切だと痛感しております。

何故かというと、既に、当たり前だと認識している
フィリピンの不動産に対する知識が、
実は必ずしも正解ではないというケースが多々ある為です。

例えば、


「外国人がフィリピンにて戸建ての所有権を持てない」

と思い込んでいる方々が実に多くいらっしゃいます。


驚かれるかもしれませんが、実は、一軒家は外国人でも所有可能です。


では何故、このような間違った情報が公然と浸透してしまうのか?

※当然ながら、信頼できるリソース源から、
 かつ信憑性がある情報かどうか精査する前に、
 文明の利器であるインターネットを通し
 すぐに情報発信される方が多いということも、
 1つの大きな弊害だと考えています。

それで、嘘の情報が浸透する大きな原因として、

「外国人はフィリピンの土地を所有できない」

と、定められたルールの存在があるからだと考えられます。

おそらく上記が基となり、


[土地を所有できない]=[戸建てを所有できない]

と、知識として定着している場合が多いのではないかと予測しております。

※実際に土地所有権も、厳密に完全なる所有権ではないですが、
 所有権と全く同等の権利を得ることも可能です。
 
 失礼ながら中途半端にフィリピンの不動産をかじり
 宣伝活動されている方々は、こういった方法はご存知ないはずです。

実際、裏技的な手法やグレーな方法などを駆使するわけでなく、
列記とした正常な手続きにて戸建て(一軒家)を所有権として
我々、外国人が保持することができるのです。

必ずしも、全ての戸建てに当てはまるわけではありませんが、
ここらへんの事情をお伝えすると少々長くなりますので、
また機会がある際にお知らせしたいと思います。

ご興味ある場合は、ご一報ください。

現時点でしたら、外国人に対しての所有権があり、
優位性が明確な一軒家の紹介が可能です。
もちろん何故、購入に値する物件なのか、
厳密な理由と共に、お知らせすることができます。

エリアはセブで、
伸び伸びとセカウンドライフ用の物件や別荘をお探しの場合は、
うってつけです。資産性の面からみても、
群を抜いて資産性は向上していく物件です。
一軒家をご検討されている場合は必見だと思います。

※実際に、この戸建て物件は、
 そのエリアに住むフィリピンの富裕層が
 すぐに買い進め、既にエリアの50%が完売となっているほどです。

こちらも追々、準備が整いましたらお知らせしようと思っております。

・・・

さて、本日、
「フィリピンにて外国人は戸建ての所有権を持てない」
という通説が間違っていることをお伝えしましたが、

こういったある意味、


正しいと“思い込まされた”
フィリピン不動産における知識が実は間違っていた、
というケースは他にも無数に存在しています。

こういった現状は、当社PiliPとしては、
少しでも改善できればと考えています。

ですので、現場フィリピンに籍をおく企業として、
まだまだ拙い、粗い部分が多々あり
ご迷惑をおかけしているケースもあるかと思いますが、

日々、精進を続け、より正確な情報を、より分かりやすく、
よりかみ砕き、誤解のないようお伝えする。

そして、失敗のない不動産購入をして頂ければ、
本当に光栄なことだと思っています。

それと、知っておいて欲しいと思い、
お知らせするのですが、少しダークな事実についてです。

良い部分だけを切り取りお知らせするのではなく、
できる限りありのままを公開することに努めます。

依存としてフィリピンは、残念ながら
良いイメージを持たれていませんが、
それを助長するようなニュースも、
現状、ぽこぽこ起きているの実情です。

その数例ですが、日本の方が、
リタイアメントハウスなどの長期滞在向け施設の運営をし、
鮮やかな謳い文句と共に、お金をお客様からお預かり後、

実質、悪気はなかったかもしれませんが、
結果として、倒産、夜逃げ、となっているケースが
残念ながらチラホラ耳に入ってきております。

理由はどうあれ、お客様との信頼関係を
結果的に仇でかえすようなことだけは、

是が非でも、命を懸け、
絶対に死守しなければいけないことだと
当然ながら私どもは、考えます。

さらに、私どもが掲げるミッションの1つとして、
全く知られていないフィリピンの良い部分を
日本本土に届けなければいけない、

という強い想いもあります。

今の時代だからこそ、日本人がフィリピンの方々から、
見習わなければいけないことがたくさんあると思っています。

例えば、フィリピンは音楽がいつも身近にあり、
どんな時も陽気な国民性は、今の日本には特に必要だと感じます。

街を歩いていても、レストランやカフェに入った際も、
日本人と比べると驚くほど自然な笑顔で応えてくれます。

ただ物価が安い、暖かいという部分だけに着目するのではなく
フィリピンの本質的な良い部分(陽気さ、楽観的性格)を
少しでも深く理解し生活を豊かにして頂ければ
大変嬉しく思っております。

それぞれ異なる文化が共存し、異なる国民性があり、
それぞれに長所があり短所があると感じます。

ですので、良い部分をかいつまみ
融合させ生活に組み込んでいくことこそが、
グローバルな社会を生き抜く
1つの大きな術ではないでしょうか。

こんな題されたことを公言しておりますので、

当然ながら、当社が、

[フィリピン不動産]
絶対に失敗、後悔しない不動産売買、インテリア、客付けのお手伝い

また
[フィリピン永住権]
100%安全かつスピーディーに永住権取得、更新のお手伝い

[フィリピンビジネス進出]
フィリピンに進出される雄志の方々への
法人設立・顧問弁護士・税理士などのサポート

の大きく3つの観点のクオリティを相互に高めあい、
永続していかなければいけないということは
言うまでもありません。

私どもが長期にわたり、
確実に有益であり続けるサービス、
情報発信し続けるのは大前提です。

ですので生半可に、
そこらへんに転がっている、
情報をお伝えしませんし、

聞いた話をすぐに
右から左へ流すようなことも致しません。

しっかりと情報を租借した上で、
絶対的に自信がある有益な情報のみを
今後も発信してまいります。

圧倒的な自信がありますので、
ぜひ、他の情報とおおいに
比較して頂ければ幸いに思います。

貴重なお時間を頂戴し、
わざわざ読んでくださりありがとうございました!

少しでも参考になれば幸いです!

些細な疑問などございましたら、
お電話でも、こちらにメールでも構いませんので、
お気軽にご相談ください。

お力になれれば幸いです!

PS1:既に稼働しているホテル一室への案件で、
   利回り保証付きの物件が飛び込んできました。

  わずか2部屋しかないのですが、
  現在、最終でオーナーに交渉中です。

  価格もかなり手頃で
  日本円で400万円以下の支払でホテルを所有でき、
  かつ毎月、管理のことを一切気にせず、
  決まったインカムを得ることができる好案件です。

  多くの人が購入されている
  プレビルド物件(建設前物件)の場合は、
  毎月のインカムを得るまでにかなり時間を要し、
  (完成したとしても稼働まで6ヵ月〜1年を要する)
  
  その間、一切のインカムを得ることができません。
  これは単純に考え、大きな損失ではないでしょうか。
  
  今回のホテル案件とプレビルド物件を
  投資効率の良さの視点で比較すれば、
  その差は、雲底の差で言うまでもないはずです。

 
  購入後、すぐに毎月安定した収入があり、
  しかもその収入が保証される点は、
  他のコンドミニアムにはない圧倒的な優位性です。

  ここらへんの詳細について、
  次回のメールにてお伝えしますのでご期待ください。

  以前、ご紹介したホテルへの一室の案件が
  6つ部屋ほどあったのですが、
  ご紹介してから1週間で完売になりました。

  ですので、
  
  今回、2部屋しかございませんので、
  販売直後にすぐにご購入ご希望の場合は、
  少し特殊な形になりますが、先行で予約金(10万円)を
  お支払い頂ければホールドすること可能です。

  通常であれば縁故者に先にお知らせするのですが、
  今回は、同時にお知らせしております。

  現在、オーナーがちょうど来月の初旬まで
  カナダに出張の為、
  最終調整が出来ていない状況なのですが、
  その前に、2,3日後にメール致しますが、

  その中で、一足早く
  詳細を全てお知らせ致します。

  その事前情報を公開した時点で先行予約が可能です。

  翌月になりオーナーとの最終決議の結果、
  2,3日後にお知らせする詳細、条件と、
  最終的に異なった条件になる場合も万が一考えられます。

  そうなった場合、ご安心ください。

  最終交渉終了後、仮に当初お伝えした条件
  (利回り保証や支払い方法などの条件)と
  異なる部分があった場合は、今回に限り、
  予約をキャンセルすることも可能です。

  ご興味ある場合は、ご期待くださいませ。
  

PS2:上記ホテル案件に加え、もう1つ、
   利回り保証型ホテル案件が3部屋、
   ご紹介できる運びになりそうです。

   こちらの価格は、
   1部屋 約600万円(1ルーム)
   2部屋 約1,200万円(1BR)
  
   というお手頃な価格帯で、
   ホテルを購入可能です。

   1ルームの場合だと
   手取りで利回り8%保証です。

   さらに、1ベットルームですと、
   手取り利回りが8%以上保証される点が
   注視するポイントだと思います。
  (8%以上の厳密な利回り保証の
   パーセンテージは追ってご連絡します)

   利回り保証により行える1つとして、
   事前に入るインカムの金額が分かれば、
   下記のような複合スキームも実現できます。

   購入後すぐに発生する毎月のインカムを、
   異なる購入物件(この場合はプレビルド物件)の
   月次の支払にまわすことが可能です。

   そうすることで、比較的少額の初期資金で、
   複数のユニットが購入できてしまうスキームです。

   もしくは、毎月の決まったインカムを、
   当社だけが行っている永住権取得の分割金に
   まわすことで、頭金以外、手持ち金を一切使わずに、

   最も優位性の高いビザの取得費用に充て、
   資金を効率的にまわし、
   不動産と永住権を同時に手に入れることも可能です。

   ここらへんも予算資金に応じて、
   柔軟に最も資金を効率的にまわすことが
   できるスキームをオーダーメイドでご提案致します。
   お気軽にご相談ください。

PS3:4日ほど前に、ローカルの船で、
   セブから約20分ほどの
   オランゴアイランドという小さな島の
   視察に行ってきました。

   まだまだバージンアイランドの様が残る
   大変キレイな島でした。

   実は、この島で、25ヘクタール分の土地、
   1平米1500ペソ(3000円)、
   約6億円くらいで売りたいという方からの
   ご依頼で訪れました。

   このオーナーの方は、ご高齢のフィリピンの方で、
   この土地を最大限有効に使ってくれる
   エネルギー溢れる方に譲り、自分は、
   清々、ゆったり余生を過ごしたいということでした。

   結構、価格交渉は可能だと思いますので、
   ご興味ある場合、ご一報ください。

   この島も遅かれ早かれ、
   確実にセブからの交通網が充実し、
   やがて開発が進んでいくのだとしみじみ感じます。

   先駆者的に、一大リゾートを開発する野望を
   お持ちの方には非常に面白い場所だと思います。

こういった表に出ないフィリピンの内情をウェブ上に公開する前に、
メールにてお届けしていますので、中途半端な情報に振り回されたくない場合は、
右のメニューの中の「フィリピン不動産情報」にメールアドレスを
登録しておいて頂ければ、いち早くクローズな情報をお知らせします。