入居者募集・家賃回収システム

入居者募集・家賃回収システム

ご存知ですか?日本では、ほとんどないことですがフィリピンで物件を貸し出す場合、
入居希望者が値切ってくるケースが多いのがフィリピンです。日本では、あまり家賃の値引き交渉というのは聞きませんがフィリピンでは、至って普通のこととして、家賃交渉が平然と行われています。この家賃交渉があるからこそ、全く同じ間取りで、隣りどおしのユニットであったとしても、月の家賃が1.5倍ほど違う、ということが起こりうるのです。

では家賃の交渉の際に重要なのは、口のうまさでしょうか。
もちろん、多少なりとも話し上手という要素は、価格に影響しますが、
実は大きな要素が、口先のテクニックではなく、物件のキレイさ、すなわち「物件の清潔感」があげられると思います。ピリップでは、物件の内見日の前には、必ず部屋の小まめなメンテナンスや掃除を徹底しています。当たり前でしょ?と思うかもしれませんが、フィリピンでは、空き物件でメンテナンスされていないことがほぼ常識です。実際に、物件を色々と内覧されたお客様が、
「見させてもらった部屋の中には、なんだかカビ腐い部屋もたくさんあった。」という小言も聞くほどです。このように、いかにフィリピンにおける物件管理が悪いのか、ご理解頂けると思います。
この物件の維持管理をしっかり行うことで、継続的に入居者が決まり、1度PILIPの物件に居住された方々は、なかなか引っ越しされない現状もあるのです。これは、当然のことだと思います。

きめ細やかなメンテナンス

残念ながら、フィリピンでは、日本で極々普通にある「すぐに壊れたら対応します!」の
ようなメンテナンスサービスを受けることは、ほぼ皆無です。ウソだと少しでも感じる場合は、
体験するのは難しいかもしれませんが、ぜひフィリピンに実際に住み、体験して頂きたい、と思うほどです。

では、フィリピン不動産の物件メンテナンスの実態はどのようなものか。
実際にマニラに在住し常に、私達自身がストレスに感じていた部分が、
この物件のメンテナンス部分でした。例えば、
・ 何か部屋にトラブルがあった場合、連絡してからのアクションがありえないほど遅い。。
・ フィリピンの友達の家の冷蔵庫の冷蔵の部分が壊れ、冷凍の部分が冷蔵になった。
そして、この事情を、オーナーに連絡した所、
「冷凍の部分が冷えているだったら良いでしょ。」と、対応された。
(※フィリピンでは家具付きで部屋を貸し出す為、家具に関してのトラブルは基本的にオーナーが
対処します)

このように、日本人の私達にとり、非常に杜撰なメンテナンスであることは一目瞭然。
だったら「弊社が安心して住めるきめ細やかなメンテナンスを手がけよう」
と思い立ったのが、メンテナンスに本格的に力を入れ初めたきっかけとなりました。

また、ヨーロッパには素晴らしい昔の町並みが今の時代にも残っているのは、何よりもメンテナンスに力を入れてきたからだと思います。メンテナンスとは、何か派手なことをやるわけでなく、至って当たり前なことを当たり前に行うことです。

日本人にとっての当たり前を実現していく

この日本人にとっての当たり前サービスを、ピリップの管理物件に、徹底して施していく方針です。
完全に日本のようなメンテナンスサービスは難しいかもしれませんが、限りなく日本で受けられるクオリティまで高められるよう日々邁進しております。これがピリップのメンテナンスの業務に対峙する姿勢であり、だからこそ万が一の予期せぬ事態も、オーナー様には一切の心配を感じさせません!
フィリピンに、日本のきめ細やかなメンテナンスサービスを導入させます!

日々の電気代を削減いたします。

ご存知ない方も多いかもしれませんが、フィリピンは、諸外国に比べ電気代が割高です。実際に、日本の工場がフィリピン進出に足踏みしている要因の1つとして電気代が高いということがあげられるほどです。

では、何故、電気代が割高なのでしょうか?一概に原因は言及できませんが、日々供給されている電気量が不安定であることが原因の1つとしてあげられます。一時的に供給されている電気量が激増することで、待機電力などが増加し、電気代が高騰しているのではないかと密かに予想しています。
そこでPILIPでは、この電気代が割高な問題に対しメスをいれ、少しでも日々の電気代を削減させます。PILIPの内装サービスを施してまいります。

フィリピンに長年住まれている方は、一度はご経験あると思うのですが、
日本で決して経験できない珍事件です。

自宅に帰宅し、ライトの電気をつけた際にその事件は起こりました。
「バン!!!」というもの凄い音がし、一体、何が起こったんだと思い、よく部屋の中を見てみると、なんと電球が爆発していたのです。日本では考えられないことだと思います。しかし日本では考えられないことが起こってしまうのが、ここフィリピンです。

こんな爆発劇が起こってしまう原因の1つとして、日々、供給されている電気量が
一時的に多くなるのが原因です。(電気代が割高の中でも説明した理由と同様です。)
電球が爆発したのであればまだしも、パソコンなどの高額な電化製品が壊れてしまうのは、どうにか避けたいものです。そこでピリップでは、日々の生活の中で一時的に急増する電気量などの原因によって引き起こる電化製品の故障に関しても、PILIPが全て責任を持って修正、対応致します。オーナー様に、費用をお支払して頂く必要はございません。