3つのBEST

BESTなロケーション

ニーズに合ったBESTなロケーションを選定します。
どのような都市がいいか、住環境はいいか、どのようの人が集まる場所であるか、
学校や企業などが近くにありテナント獲得のポテンシャルが高い場所であるか、
・・・などなどの条件を1つ1つ確認し、ロケーションを選定していきます。
言うまでもありませんが、BEST なロケーションは高い家賃収入を産み、さらに信頼できる居住者を惹きつけ、空室率を下げることにつながります。

例えば、東京などでベストな場所を確保しようとすると、、
数億〜数十億円、用意しなければなりません。

フィリピンであれば、だれもがあこがれるベストな場所、町、ロケーションが1000万~2000万円(1BR)くらいで所有することが可能なのです。

東京のような先進国の大都市のはずれの町で1000万円~2000万円の物件を探すのが、投資リスクが低く、投資効率がいいと思うか、途上国ではあるけれどその中の超一等地の物件がいいと判断するか、考えていただきたいです。

当社は後者のほうがリスクも少なく、投資効率もいいと考えております。

BESTなデベロッパー

BESTなデベロッパーしか選択しません。あまり不動産の選定基準に入っていない方が多いと感じるのですが、
開発業者は、フィリピンでは特に重要になります。

例えば、名前をよく聞く不動産開発業者が、「この部屋は36平米ですよ。」
と言っていたが、実際に図ってみたら34平米しかなかった。

また、モデルルームで使われていたタイルが気に入り、未完成物件(プレビルド物件)の
購入をした。しかし実際に完成した物件のタイルの材質は、粗悪なものだった。。

残念ながら、上記のような話しを良くお伺いします。

では何故、このような被害にあってしまうのでしょうか?

それは、BESTなデベロッパーを選ばなかった為です。

BESTなデベロッパー(開発業者)を選ぶことで、管理体制、資産価値、銀行からの融資条件、
居住者の質なども大きく変わってきます。不動産購入は、決して安い買い物ではありません。

ですので、ぜひ、慎重にデベロッパー(開発業者)を選定し、
失敗の確率を限りなく0にして欲しいと思っております。

もちろんBESTなデベロッパー(開発業者)を選ぶことで、投資効率をあげる重要な要素になります。
特に、公共部分(廊下の清掃、ゴミ処理、プールなどのアメニティーの清掃など)の管理などは
自分のコントロールできない部分、管理事務所に任せなければならない部分です。

杜撰な業者であれば、新築から2,3年経っただけで、
廊下には空き缶やハンバンガーの紙切れなどが散らばり、
快適とはほど遠い悲惨な住環境の中で生活しなくてはいけません。

実際に、苦悩の想いを伝えてくれた方もいらっしゃいました。

このように、BEST なデベロッパーを選定するというのは、
コントロールできない部分のリスクを軽減するためには必須なことだと弊社は考えています。

セールス文句では「利回り15%以上ですよ、確実に物件価格が上がります。」と、
言い放つことができるわけですが、この言葉だけを信用するのではなく、一歩を下がって、
冷静に、不動産開発業者は、どの業者なのか、管理はどうすればよいか、などを確認してから、
購入手続きに入るようにすることを、オススメしています。

そうでないと、結局、損をして悲しい想いをするはめになるからです。

もし実際に購入した物件が、2,3年後、
管理が悪く古く見えたり、汚く見えたりしたらどうでしょうか。

凄くイヤだと思います。ですので、くれぐれも、ロケーションにだけ目がいき、物件選定をして、
後悔しないようにして欲しいと思っています。

物件が古く、汚く見えるということは、
部屋を探しているお客様も「もう少しきれいなところを探そう。。」と
他の物件に流れていってしまい、必然的に空室が続くことになります。

このように、BESTなデベロッパー選定は非常に重要な要素になります。

BESTなマネージメント

まずユニットとは、同じ建物だったとしても、物件の方角、エレベーター、
物件の立地が、ごみを廃棄する設備などに近いか遠いかなどの1つ1つの要素を指します。
ですので、BESTなユニットを選び、創り出していきます。
それぞれの設備の管理、ユニットデザイン、インテリアデザインによって、
物件そのものは、同じにも関わらず価値は変わってくるということです。
例え、隣り合う部屋で同じ間取りだった場合、
1.「なんとなく家具を並べただけの部屋」
2.「全体の調和のとれた洗練されたインテリアの部屋」
では、毎月の家賃から、空室率、はたまた物件自体の価値にも大きな差が生じてきます。
(日本の不動産とフィリピンの不動産の貸し出す際の違い)
日本   :家具なしで貸し出す
フィリピン:家具付きで貸し出す(すぐに生活できる状態)
ですので、5つ星のホテルのように調和のとれたセンスある内装が施され、
しかもメンテナンスがきちんとなされている部屋が、必然的に埋まりやすくなります。
(その辺のシステムについてはアメリカなどと同じような感覚です)。

このことからも日頃のメンテナンスはもちろん大切ですが、
インテリアデザインも重要な要素であるといえます。
このように、BESTなユニットとは、自らコントロール可能な領域ということになります。
そして、意外と多くの方が疎かにしているのが、このユニットの部分だと感じます。
物件購入後、自らコントロールできることは、すべて完璧にしていくことで、
空室リスクをなくし、さらに資産価値を高めていくことが可能なるのです。

弊社では、このBESTなユニットを創り出す為のお手伝いの業務をしております。
弊社の1番の強みであるインテリアと管理をあなたに代わり徹底しておこないます。

自分には、インテリアのセンスが全くないという場合も、安心してご相談ください。

多くの方が、ロケーションの良さに目は向けるが、
内装デザイン、日々の物件管理を疎かにしがちです。ですので、
必然的に、弊社の手がけた物件の空室率が高くなるわけです。
もちろん、現在、弊社が所有している物件も、ほぼ満室となっています。

(注意点)中立の立場から、できる限り忠実に何故、フィリピン不動産なのか。
その理由を明かしていきます。