フィリピン不動産物件紹介

ベルエアー コンドミニアム 約1,167万〜

【Resale】Jazz Residence
【リセール】ジャズ レジデンス

  • ガーデン
  • ジム
  • セキュリティゲート
  • デイ ケア
  • プール
  • プレイエリア
  • ラウンジ
  • レンタルルーム
  • 多目的ルーム
間取り参考価格専有面積
1BR550万ペソ(1,167万円38.95㎡
最低初期資金
支払い方法
物件名【リセール】ジャズ レジデンス エリアベルエアー
種別コンドミニアム 不動産開発業者SMDC 竣工年2015年竣工
総階数46 駐車場物件価格に含まれません。 家具全ての家具が付いております。
オプションガーデンジムセキュリティゲートデイ ケアプールプレイエリアラウンジレンタルルーム多目的ルーム
この物件に問い合わせる

リモンズの本音!

Jazz residencesは日本人にも人気の物件です。実は、隣に墓地があったりとお部屋によって景色が全く異なります。
こちらのお部屋は、写真のような素晴らしい景色が一望できます!


▶︎物件情報:Jazz Residences

こちらの物件はセンチュリーシティに面するタワーDの高層階に位置するため、周りに視界を遮る高層ビルが一切なく圧倒的な眺めの良さが特徴です。Jazz residencesにはタワーA,B,C,Dと四棟ございますが、このタワーDからの眺めは4棟の中でもベストです。Jazz residencesの特徴は何と言っても、SMDC が手がける生活用品が全て揃うSMハイパーマーケット、レストラン、カフェなどの商業施設がコンドミニアムと一体となっている点です。わざわざ買い物のために外出する必要がなく、コンドミニアム内で必要なものを揃えることができます。アメニティも他のコンドミニアムと比べてかなり豪華です。4棟に囲まれるように4 つの広々とした屋外プールがありますが、このクオリティのプールはなかなかありません。また共用エリアでの WiFiは無料です。

 

▶︎ エリアについて:Bel-Air

Bel-Air(ベルエア)は、フィリピン航空のパイロットのためにAyala Corporation(アヤラコーポレーションによって最初に開発された地域です。それ以来、ベル・エアは独自のものに成長をし続けています。住民は、都心にいながらクリーンで自然が豊富な暮らしを送る事ができます。オフィス街やモール、特にロックウェル・センターの周りには多くの満足がいくレストラン、レジャー施設が充実しています。

 

▶︎ 開発業者について: SMDC

フィリピン不動産 デベロッパー SMDC「SMDC(SM Development Corporation)」は、フィリピンの小売り最大手「SMグループ」や、同銀行最大手「バンコ・デ・オロ(BDO)」などを傘下に収め、フィリピン長者番付で8年連続1位の大富豪ヘンリー・シー氏が率いる、国内最大のコングロマリット「SMインベストメンツ」グループの大手デベロッパーです。
フィリピン三大デベロッパーの一角を占めるSMDCは商業施設と住宅の融合によって、国民のライフスタイルをより豊かなものへと変える大型複合開発に定評があり、生活利便性に優れた物件を手頃な価格で提供することで知られています。現在は、マニラ湾岸エリアをビジネス、商業、娯楽の新たな中心地とするべく、アジア有数の規模を誇る人気ショッピングモール「モール・オブ・アジア」を中核とする大規模タウンシップ開発「Mall of Asia Complex」を推進しています。

 

この物件に問い合わせる
※上記表示はそのままでお願いします
苗字 ※必須
お名前 ※必須
メールアドレス ※必須
電話番号 ※必須

お問い合わせ本文

ベルエアーのプレビルド物件