フィリピン現地 '生' 情報発信

実際に見に来て間違いなかった!〜マニラ不動産視察ツアーを通して〜

今回、マニラに不動産視察にお越しになられたI様は、発展途上国フィリピンでの投資に関する情報収集のため、5名様でツアーに参加されました。

今回の1day視察ツアーで回ったのは、メトロマニラのケソンシティ、マカティシティ、タギッグシティ内に位置するボニファシオ・グローバル・シティです。

朝から夕方まで、各地の竣工前のコンドミニアム(プレビルド物件)、中古コンドミニアム(RFO)、タウンハウス(2,3階建ての集合住宅のようなもの)などを見学していただきました。

 

プレビルド物件のメリットはなんといっても、竣工前に購入することにより、竣工後よりも比較的安価に物件が購入できるということです。年々物件価格が高騰しているマニラにおいては、竣工前と後ではその購入価格に大きな差が開いてしまうこともしばしばです。

一方、 RFO物件のメリットは、すでにできあがった物件であるため、リフォームさえすればすぐにでもお客様に入居いただける状態であることです。これは、居住用であればすぐに住み始めていただけることを、投資用であればすぐに家賃収入が見込めることを意味しています。

 

さらに、今回のツアーでは不動産の建設現場の視察も行いました。PILIPではフィリピン現地の方々に向けて販売する不動産の開発を行っています。取り扱う物件は、戸建て物件やタウンハウス(集合住宅のようなもの)などです。弊社は、そういった開発事業に投資するという選択肢もご提供しております。

ツアー中のお食事も、I様のご希望に沿ってフィリピン料理をご用意いたしました。ツアーの最初から最後まで、お客様のご希望にできるだけ沿ったものをご提供できるよう心がけております。

 

I様からは、日本に帰られた後に、たくさん話を聞けて有意義な時間を過ごすことができた、との嬉しいお声も頂戴しました。

PILIPで行うツアーは、ただただコンドミニアムや開発物件を見て回るだけでなく、実際の現場を見た上で状況等を現地スタッフから聞くことができ、より深くフィリピン不動産の現状を知っていただける点が特徴的です。

 

ご興味がある方はお問い合わせいただいたのちに、日本人の担当スタッフと綿密に計画を練った上で、オーダーメイドの視察ツアーにご参加いただけます。右上のお問い合わせバナーより、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。