フィリピン現地 '生' 情報発信

【セブ不動産視察ツアー】不動産購入、どこに着目して検討されていますか?

みなさん、こんにちは。
インターンのMITOです。

 

先日、不動産購入を検討されているお客様と共に
セブの中古物件、プレビルド物件の視察ツアーに行って参りました!

 

property_Fotor

 

今回ご案内する物件は、全部で8件!お客様のスケジュールに合わせて
午後から半日かけてコンドミニアムをまわって行きました。
ご参加いただいたお客様は、市場調査を目的とされており
まずはフィリピンがどんな国で、どんな不動産が存在していて、購入した場合、どういった方々に
お貸しするのだろう…ということを自身の目で確かめたいという希望をお持ちでいらっしゃいました。
2015-10-02-22_Fotor

 

フィリピンの物件価格は2004年以降右肩上がりですが、
マニラの物件に限っては乱立しており、他物件との差別化をしなければ運用が困難な状態。
(そのためPILIPでは、リノベーションを含むお部屋の提案をさせていただいています。)
その点、セブはこれからのエリア。観光業や都市開発などで人の流入も盛んです。
まだまだ、売り手市場といっても過言ではありません。物件購入先として今注目されているエリアです。

しかし、物件もピンキリ。信頼できる情報や土地勘など、
様々な角度からの見極めが重要になってきます。

 

今回は、実際に中古物件とプレビルド物件を見ていただきましたが、
中古物件は目の前に実在している物件なので、隅々までしっかりチェックできますが
プレビルド物件は、グラフィックの映像とショールームの見学がメインになるため
なかなかイメージが湧かないという率直なご感想をいただきました。
また、ビルの完成が数年先の予定となっており、遅れる可能性も考慮するとなかなか判断しにくい
というのが現状です。

 

2015-10-02 22.04.27 2015-10-02 22.16.58 2015-10-02 22.15.262015-10-02-22.12.24-300x225

 

また、弊社経由でお貸ししている方々は、現在は駐在されてる欧米の方が殆どでフィリピン人、
日本人が少数といったところです。

 

弊社の不動産視察ツアーは、限られた時間でできるだけお客様のご希望に沿った物件をご紹介するため、
事前に綿密なお打ち合わせをさせていただいております。その上で、数ある物件から、
PILIPが自信を持ってご紹介できる物件のみご案内させていただいております。

2015-10-02-22_Foto2r

ご興味がある方はお気軽にお問い合わせください!
フィリピンにてお会いできることを楽しみにしております。