フィリピン現地 '生' 情報発信

フィリピン住宅(不動産)視察のために知っておきたいツアーの流れ

初めまして。

PILIPで現在インターンをしております、秋元です。

 

今回は昨日M様の不動産ツアーにご同行させていただきましたので、

こちらの感想や情報をシェアさせていただきます。

 

まず、下記が昨日のツアーの日程です。

10:00AM 物件視察①

10:30AM 物件視察② マカティ

11:00AM 物件視察③ グリーンベルト付近

11:30AM 物件視察④ グリーンベルト付近

12:00PM LUNCH AT グリーンベルト

1:30PM 物件視察⑤ マカティ

2:30PM 物件視察⑥ BGC

3:00PM  物件視察⑦ BGC

4:00PM  物件視察⑧ BGC(HIGH STREET内)

5:30PM  オフィス面談

 

今回ツアーで周らせていただいたのは、

マカティのリッチなエリア、グリーンベルト付近とBGCエリアです。

 

【マカティエリア】

オフィスが林立するビジネス街やブルゴスのようなバーや飲食店が立ち並ぶ町、

大型ショッピングモールも多くあり、日本でいう六本木や渋谷が一つの地域に

組み合わさったような場所です。

 

【BGC(ポートボニファシオ)】

新しくできた、おしゃれな街です。弊社オフィスもこの地域にございます。

道幅も広く、渋滞も少ないため、住むのにも快適です。

最近では日本の駐在員の方も多く暮らしています。

 

▼BGCエリアの中でも最近非常に人気の住宅街、

「MCKENLEY HILL」の街並みです。

【MCKENLEY HILL】

大手ディベロッパー「MEGAWORLD」によって開発が進んでいるエリアです。

緩やかな丘にコンドミニアムや戸建て住宅が並んでいます。

 

mckenlyhill

 

こちらは、マカティにあるコンドミニアムからの景色。周りにもプレビルドの物件が続々。

 

manila

 

一日でこれだけの物件を網羅できるのは、

忙しいお客様にとっても喜ばしいことなのではないでしょうか。

 

今回のお客様、M様のご希望は、

【水回りや排水設備が徹底されていること】

【マーケットに近い場所】

ということでした。

M様は、クウォータビザ(永住権)取得をご希望で、

将来は日本だけではなく、

フィリピンで生活されることを考えていらっしゃいました。

最初何年かは投資用として、

何年か後には居住用としてご利用されることを考えていらっしゃる、

M様の視点は、投資をご検討の方にも、

そして移住を考えてらっしゃる方にも響くかもしれませんので、

ぜひぜひご参考になさってください。

 

M様が気に入っていらっしゃたのは、

グリーンベルト付近にある築14年の物件です。

フィリピン 不動産購入 フィリピン  不動産投資

▲リノベーション後のイメージ図

 

このあたりの物件の中では建設から時間が経っているほうですが、

フィリピンの物件も10年から20年に一度補修工事を行うことを

お伝えするとほっとしていらっしゃいました。

お部屋に関しても、PILIPでは改装工事を基本的に行いますので、

新築同様に、またそれ以上にオシャレな仕上がりになります。

 

部屋の視察に行くと、現地に住むフィリピン人で

購入を検討されている方も来ていました。

実際にフィリピンまで足を運んでもらえますと、

このような現地の事情を知った購入検討者が中立的な立場で

様々なアドバイスしてくれるため、

予期せぬ問題が起きる心配もなく、

投資の際のリスクを未然に防ぐこともできますよ!

 

お昼は、グリーンベルト内のフィリピン料理屋さんで豪華なランチを。

このあたりに住めば、かなりゴージャスなレストランも多数あります。

 

グリーンベルトの写真03

 

BGCエリアもオシャレで整備が洗練されていますが、

マカティのエリアですと、ローカルな感じと近代的な側面の二つを

同時に楽しめるのが魅力的だと思います。

 

最終的には、物件の好みや立地の条件でみなさん

ご検討されるかと思いますが、

PILIPではお客様に寄り添い、一定の家賃補償やリノベーションなど他にはない、

あなたにとって最高な住まいを提供できます。

 

ご興味お持ちになりましたら、

ぜひお電話、オフィスまで。