完全オーダーメイド視察ツアー

完全個別オーダメイド フィリピン(マニラ・セブ)不動産視察ツアー

ご存知ですか?
実は、海外の不動産視察ツアーと言われる多くは、深くお客様の要望を考慮せず、
“案内する側(業者)にとり都合の良い物件“のみを案内して終わり、というのが、極々当たり前にまかり通っている業界です。

これがまかり通っている、ある理由があるわけですが、その大きな要因の1つに
日本が危ないという漠然とした危機感からか、日本人が考えがちな「皆が購入しているから大丈夫であろう」と、安易にフィリピンの不動産を購入してしまう側面があると考えています。

もちろん、著名で有名な方が良いと薦められ物件を買うことが悪いというわけでは決してありません。
ただピリップのもとに日々「勢いで物件を買ったが、失敗だった、、売却したい。。」という、
苦悩に満ちた表情のお客様が尋ねてこられているのも事実。

ですので、苦言を呈させて頂いたのですが、この状態は健全ではないと私どもは考えています。
当然、不動産を購入する、ということは、決して安い買物ではないはずですし、ましてや海外。

希望の物件購入 × 購入後の具体的な管理体制の把握

ほとんどの場合、購入前に購入後の具体的な部分までを見据え、購入を決断するケースは、かなり少ないはずです。ですが、可能であれば、もちろん要望に合致した物件を購入し、その後、具体的にどのように管理され、そしてどのように収益が生み出されるのか。把握できることに越したことはないのではないでしょうか。PILIPは、それを実現します。

そして、オーナー様がフィリピンの不動産購入してから10年後、遠隔で、安定的に収益を得ることができていて「あの時、この物件を購入して本当によかった。。」と心底から思ってもらいます。

では、それをいかにPILIPが具体的に実現していくのか、ここが一番肝心な部分かと思います。具体的な方法として、非効率であることは十分承知していますが、
まずは不動産視察ツアーの前に、直接、電話かスカイプ(インターネット電話)を使い、PILIPのスタッフがご要望をお伺いさせて頂きます。そして、実際の視察ツアーの際、そのご要望に最も合致するそのお客様だけの完全オーダーメイドのプランを構築致します。

当然、手間と時間はかかります。合理的ではありません、それはもちろん理解しています。
しかし私どもが逆の立場であればどうだろうか、と考えた時、非常にシンプルな結論に至りました。

それが「異国の地での高い買い物なのだから、自分に最適な物件を購入して欲しい。」というものでした。

ですので、合理的ではないのは十分承知の上で、1人1人の方の要望にお応えするべく
フィリピンの不動産をオーダーメイドにてご案内、視察するツアーを日々行わせて頂いております。

おかげ様で毎週、視察ツアーの日程が埋まるご盛況

もちろん現段階では、漠然とフィリピンに不動産を購入したいと思ってはいる。という場合もあるかと思います。そのような場合でもご安心ください。ご自身が具体的にどのようなご要望があるのか、あまり分からない。。という場合でも、ご相談させて頂く中で、具体的にお求めになられている物件がぼんやりと見えてくるはずです。

勢いで海外不動産という言葉に踊らされ、良く分からないまま物件を購入し、
あとで後悔するという残念な人にはなりたくない!とお考えの場合は、
私どもが、最大限お力になれると自負し、誠心誠意サポートさせて頂けると考えております。
そして現在、最初の一歩を踏み出してもらう為のキャンペーを行っておりますので、
ぜひご利用されてみてください。

一体、何が違うの!PILIPのフィリピン不動産視察ツアー!?

違い1:完全オーダーメイドの不動産視察ツアーである

通常の不動産視察ツアーでは、既に業者が用意している物件のみを案内するのが一般的です。
しかし、PILIPのツアーは根本的に異なります。

マニラ、セブの両方のエリアに拠点を構え、約50名のサポート体制で運営する日系の不動産サポート企業は存在していません。それだけ、フィリピンの地を総合的に俯瞰し、根付いているからこそ
お客様の最も臨む物件のご紹介が可能になります。
高い買い物なのですからたくさん時間を使ってください。弊社では、1人1人のお客様のご要望を親身にお聞きし、最適な物件をご案内致します。

違い2:物件販売が1番の仕事ではない!

多くの会社は、物件を販売し得られる手数料を1番の財源にしています。
物件の購入前までは、しっかりとしたサポートがあったにも関わらず、
購入後のサポートが杜撰で、全くサポートがなかった。。という話しを、最近、お客様から聞くようになりました。非常に残念ことだと考えています。不動産を購入することは決して安い買い物ではありません。

ましてや、日本で不動産を購入するより遙かに、海外にて、
不動産を購入することは、不安要素がたくさんあることは間違いありません。
弊社では、物件選定はもちろん、その後の最大の重要な要素である、
内装デザインから物件管理・メンテナンス、そして売却まで、一元で物件管理致します。

よく一元管理をする、と公言しておきながら、実質は社員が5名しかいないという場合もあるようですが、ある程度の数の物件を管理するのであれば、ほぼ不可能です。ピリップでは、日々、点在する物件の内装、メンテナンス、入居者募集までの業務を担っていますので、よく理解しています。自然と管理物件が増えれば、物理的に人数が必要になるのは実際に業務を行なっている中で明白な事実です。

そして、ピリップから物件を購入して頂いたお客様に、長期的に満足頂けるよう、
徹底したサポートを致します。弊社では不動産視察ツアーの中で、お客様の細かいご要望にお応えしてまいります。具体的にご説明すると、投資用の物件でしたら物件購入後、どのようにオーナー様の物件に居住してもらうお客様を探すのか、どのようなトラブルが実際にあるものなのか、
そしてその対処法とは、、などなど、あまり語られない購入後の実際の話をお知らせ致します。

何故、あまり世間では物件購入後のことを語られないのか、というと、業者が物件の
販売手数料を目的としている為であり、物件購入後のサポートをしてもお金にあまりならない為です。

もしかしするとそれは業界の1つの常識なのかもしれませんが弊社は、それに対し違和感を感じてきました。ですので、物件購入からデザイン、管理、メンテナンスまで一貫したサービスをご提供し、
100%満足してもらうことをモットーに取り組んでおります。
不動産視察ツアーの中で、どんな些細なことでもよろしいので、お気軽にご相談頂き、
フィリピン不動産における不安要素を完全に解消して頂きます。

違い3:セブ・ボラカイ・マニラの現地に根付いていること

フィリピンの不動産視察ツアーを行う場合、日本に根付いている会社と現地フィリピンに根付いている会社のツアーでは、どちらが良いでしょうか。さらに、現地フィリピンに根付いていたとしても、物件販売だけを行う会社と、販売だけでなく実際に入居者の募集まで行う業務を担う会社では、どちらが良いでしょうか。

フィリピンの不動産の知識、管理の面、柔軟性など一目瞭然ではないでしょうか。

ピリップがデザインから管理まで手がける実際の物件に宿泊体験ができる!
百聞は一見にしかず。ピリップが一貫し、デザインから管理まで手がける物件に、実際に宿泊体感して頂くことでより実感して頂けるはずです。実際に体感することで他の物件との違いを肌で感じることができますので、ぜひ他の物件、他社サービスと比較対照してみてください。
違いがすぐにご理解頂けると思います。

・・・このようにPiliP Property Design & Managementがお届けする
フィリピン不動産視察ツアーの強みを少しだけでもご理解頂けたのではないかと思います。