フィリピン不動産物件紹介

BGCマニラ コンドミニアム 約3,714万〜

St. Moritz
サント モリッズ

  • シティビュー
  • ジム
  • ジム
  • セキュリティゲート
  • プール
  • プレイエリア
  • レストラン/ショップ
  • 商業地区
  • 多目的ルーム
間取り参考価格専有面積
2BR1,623万ペソ(3,714万円78.5㎡
3BR2,424万ペソ(5,544万円117㎡
4BR ペントハウス4,650万ペソ(1億636万円219㎡
最低初期資金167万ペソ(382万円)
支払い方法積立払い
物件名サント モリッズ エリアBGCマニラ
種別コンドミニアム 不動産開発業者Megaworld 竣工年2019年竣工予定
総階数 駐車場 家具
オプションシティビュージムジムセキュリティゲートプールプレイエリアレストラン/ショップ商業地区多目的ルーム
この物件に問い合わせる

サント モリッズの紹介動画

PILIPイチ押しポイント!

スイスの有名な観光地セントモリツ(St. Moritz)と同じ名前のこの物件は、大手デベロッパー・メガワールド(MEGAWORLD)が手がけるマッキンリーウェスト(MCKinley West)の最新の物件です。欧米風の低層コンドミニアムで、世界的に有名な建築グループであるブロードウェイ・マリャン(Broadway Malyan)によってデザインされています。コンドミニアム内にはプール、子どもの遊び場、ヨガルーム、ジム、ファンクションルームなどを豊富に兼ね備えています。セブの中心地に位置するこの物件は商業地に近く、巨大ショッピングモールのアヤラビジネスパークには徒歩数分で行くことが出来ます。

▶︎ エリアについて:AYALA/MABOLO IN CEBU

セブのアヤラエリアは高層ビルの建設があちらこちらで行われ、近代化が進められているセブ島の人気スポットです。セブの中心に位置し、どこへアクセスするにも便利な立地です。1989年からアヤラグループにより開発が始められた「セブビジネスパーク(Cebu Business Park)」というエリアは、現在もなお成長し続けています。アヤラグループの、長い時間をかけて良いものを創る、という開発スタイルが映し出されている地域であり、現在、セブ島内でビジネス街として最も開発に成功している地域であり、今後のコンドミニアム開発も期待されています。
そして、このエリアを象徴するのは何といってもアヤラモールです。セブで2番目に大きい高級ショッピングモールで、毎日多くの人で賑わっています。1994年にオープンした老舗モールですが、2008年の改築、2012年にはエリア拡大のための更なる建設が行われたため、綺麗な内装になっています。また、アヤラエリア内の特に「マボロ(Mabolo)」というエリアには、高級ホテルや、多くのレストランが立ち並び、「セブ ビジネス パーク」同様、比較的治安が良い地域です。「マボロ」エリアは渋滞が発生しにくく、その背景には、ジプニーという渋滞発生の元とも言われているローカルの乗り物が1路線しか乗り入れていないということがあります。

 

▶︎ 開発業者について:MEGAWORLD

「MEGAWORLD(メガワールド)」は1986年に設立、1990年代より現在までで320件以上の住宅やオフィスビルを含め、フィリピン国内で約560万平方メートルにわたる大規模開発を行う不動産開発業者(デベロッパー)です。
安定性に関しては1990年代より、不動産販売で75 % 以上のリピート率を誇り、他のデベロッパーと比べ高水準となっています。
住居やオフィスビルのみならず、リゾート地やカジノ、商業施設など街全体の開発にも力を入れています。ケソン市のEastwood City、パサイ市のNewport City、Resorts World Casino、タギッグ市のMcKinley West、Uptown Bonifacio、Forbes Town Center、セブ・マクタン島のMactan Newtown、ボラカイ島のBoracay Newcoastなど、国内で15箇所以上のエリア開発を行っております。

 

この物件に問い合わせる
※上記表示はそのままでお願いします
苗字 ※必須
お名前 ※必須
メールアドレス ※必須
電話番号 ※必須

お問い合わせ本文

マニラのプレビルド物件