フィリピン不動産物件紹介

マカティマニラ コンドミニアム 約1,715万〜

Proscenium Lincoln
プロセニアムリンカーン

  • ガーデン
  • シティビュー
  • シネマ
  • ジム
  • ジム
  • プール
  • プレイエリア
  • レストラン/ショップ
  • 商業地区
  • 図書館
間取り参考価格専有面積
Studio750万ペソ(1,715万円31㎡
1 BR1,460万ペソ(3,339万円54㎡
2 BR2,395万ペソ(5,479万円90㎡
最低初期資金80万ペソ(182万円)
支払い方法一括払い積立払い
物件名プロセニアムリンカーン エリアマカティマニラ
種別コンドミニアム 不動産開発業者Rockwell Land 竣工年2019年竣工予定
総階数 駐車場 家具
オプションガーデンシティビューシネマジムジムプールプレイエリアレストラン/ショップ商業地区図書館
この物件に問い合わせる

プロセニアムリンカーンの紹介動画

PILIPイチ押しポイント!

プロセニアムリンカーンレシデンス(Procscenium Lincon Residences)は、ロックウェルの手がける現代的な様相のコンドミニアムです。世界的に有名なデザイナーであるカルロス・オット(Carlos Ott)によるデザインを手がけています。
部屋は1BR,2BR,スタジオタイプの3種類があり、スタジオタイプでも32㎡と広めです。プール・ジムなどの充実したアメニティに加え、こちらの物件の強みは、ロックウェルエリア唯一のショッピングモール・パワープラントモールに直通しているという点です。

▶︎ エリアについて:ROCKWELL

ロックウェル(ROCKWELL)は、マカティの北東部にある新開発エリアで、開発業者もエリア名と同じくロックウェルです。
ビジネス都市であるオルティガスやマカティ・BGCからのアクセス、空港へのアクセスも良好で、特にフィリピン人の富裕層や外国人が多く、高所得者層から高い支持を得ているエリアです。

1995年から発展を遂げており、ショッピングモール(Power Plant Mall)は世界中の富裕層向けのお店が入っており、さらなる拡大工事が進んでいます。
エリア内の開発はすでに完成した場所が多く、唯一北東部エリアのみにおいて、プレビルド物件が2019年以降の完成予定となっております。

 

▶︎ 開発業者について:ROCKWELL LAND CORPOLATION

「ROCKWELL LAND CORPOLATION(ロックウェル)」は、フィリピンの有力な不動産開発業者(デベロッパー)の一つです。マカティ地区にあるRockwell Centerと呼ばれるエリアの開発は、元火力発電所であった広い敷地を見事に豊かな都市へと生まれ変わらせた好例として、「都市の中の都市」と言われています。華やかさだけでなく、人々のコミュニティとビジネスの成長の双方を加味した開発によって、ロックウェルブランドは大きな信頼を得ています。
近年ではRockwell HotelやLeisure Management Corporationなどホテルやレジャーの分野を強化している一方、マニラ首都圏で比較的高い賃貸利回りを維持しているコンドミニアムの開発事業も安定しています。

この物件に問い合わせる
※上記表示はそのままでお願いします
苗字 ※必須
お名前 ※必須
メールアドレス ※必須
電話番号 ※必須

お問い合わせ本文

マニラのプレビルド物件