フィリピン不動産物件紹介

セブセブシティ コンドミニアム 約434万〜

Horizons101
ホライゾンズ101

  • エントランスホール
  • ガーデン
  • シネマ
  • ジム
  • ジョギングエリア
  • セキュリティゲート
  • パーティルーム
  • プール
  • プレイエリア
間取り参考価格専有面積
Studio187万ペソ(434万円22.16㎡
1BR248万ペソ(577万円30.2㎡
2BR630万ペソ(1,463万円60.25㎡
最低初期資金23万ペソ(55万円)
支払い方法一括払い積立払い
物件名ホライゾンズ101 エリアセブセブシティ
種別コンドミニアム 不動産開発業者Taft Properties 竣工年2017年竣工
総階数 駐車場 家具
オプションエントランスホールガーデンシネマジムジョギングエリアセキュリティゲートパーティルームプールプレイエリア
この物件に問い合わせる

PILIPイチ押しポイント!

ホライゾンズ101(Horizon 101)は、セブのデベロッパー大手・タフトプロパティが手がける55階建ての高層コンドミニアムで、完成後はセブで最も高い建物となります。コンドミニアム内には、プールやジャグジー、ジョギングコース、日本庭園、ミニシアターなど豊富なアメニティを取り揃えています。

▶︎ エリアについて:CAPITOL

キャピタル(Capitol)は、フィリピン第二の都市であるセブの中心地で、高級コンドミニアムが建設されるなど、現在も発展が続いています。一つのデベロッパーが集中的にエリアを開発するといったものとは違い、複数のデベロッパーがコンドミニアムを建設しています。2018年竣工予定のセブランドマスターズ(Cebu Landmasters)が手がけるBase Line Centerや、2017年竣工予定の、完成するとセブ島内で最も高い建物となる、タフトプロパティ(Taft Property)が開発中のHorizons 101などがこのエリアにあります。
他のエリアと比べて比較的早い段階から開発されていたという事もあり、もちろん今後も開発され続けていく見通しですが、すでに完成している物件もあります。エリア内には、レストランが立ち並ぶセブ島内最大級の繁華街マンゴースクエア、日本語にも対応している大学病院、ロビンソングループが経営するショッピングモールなどがあります。また、エリアの中心地にはオスメニアパークという公園もあり、緑も取り入れられています。

▶︎ 開発業者について:TAFT PROPERTIES

「TAFT PROPERTIES(タフトプロパティ)」は、1997年より開発事業を展開しており、現在セブ島において最も多くのプロジェクトを手がけている不動産開発業者(デベロッパー)の一つです。セブ島内で最も高い建物である、55階建てのコンドミニアムも、タフトプロパティが手がけるプロジェクトの一つです。同社は一つのエリアを集中的に開発し、一つの街を創るという手法ではなく、様々なエリアにコンドミニアムを建設しており、同社のコンドミニアムを購入する際にはエリアを比較検討することも可能です。また、開発事業以外にも、セブ島とマクタン島に展開するガイサノモールというショッピングモールも経営しています。

この物件に問い合わせる