フィリピン不動産物件紹介

マカティマニラ コンドミニアム 約502万〜

Brio Tower
ブリオ タワー

  • ガーデン
  • スナックバー
  • プール
  • プレイエリア
  • 展望デッキ
間取り参考価格専有面積
1BR230万ペソ(502万円24㎡
2BR422万ペソ(922万円57㎡
3BR596万ペソ(1,303万円84㎡
最低初期資金28万ペソ(61万円)
支払い方法一括払い積立払い
物件名ブリオ タワー エリアマカティマニラ
種別コンドミニアム 不動産開発業者DMCI 竣工年2019年竣工予定
総階数30 駐車場 家具
オプションガーデンスナックバープールプレイエリア展望デッキ
この物件に問い合わせる

PILIPイチ押しポイント!

ブリオタワー(Brio Tower)は、DMCIホームズがマカティで最初のプロジェクトとして開発するアジアンテイストの高層コンドミニアムです。お部屋は1BRから3BRまでの3タイプですが、バルコニーの有無やお部屋の広さもいくつかの種類が用意されています。30階建てのコンドミニアム内には、6基の高速エレベーターが稼働し、中庭、スカイデッキ、バーなどを擁しています。その他にも、建物内にコンビニエンスストアやランドリーなどがあり、生活至便です。お部屋のバルコニーからは、マカティやオルティガス、タギッグなどの素晴らしい眺めを堪能することもできます。

▶︎ エリアについて:LEGASPI

LEGASPI(レガスピ)は、マカティの中心部に位置しています。ビジネス街も近くにあり、アクセスが容易で、外国人や日本人も多く在住しており、比較的治安が良いエリアです。
2016年2月現在、空港からの直通高速道路が建設中であり、交通の便が非常によくなることが予想されます。リトルトーキョー(Little Tokyo)という日本食レストランが多く密集しているエリアもあります。
また、2013年に新しくオープンした大手スーパーマーケットのチェーン店により、従来のアヤラ駅近くのスーパーまで行く手間が省け、気軽にお買い物ができるようになりました。
人口が密集しておらず、静閑な雰囲気が漂っています。近隣には、トライアングルパークという広い公園があり、園内のカフェなどでは、休日をのんびりと過ごす人々が思い思いの時間を過ごしています。

 

▶︎ 開発業者について:DMCI HOMES

「DMCI HOMES(DMCIホームズ)」はフィリピンの大手財閥DMCIホールディングスの傘下にある不動産開発業者(デベロッパー)です。
不動産事業のみならず、道路、電力、水道供給などインフラ事業も手掛けてきた歴史を持ち、フィリピンの経済発展を陰で支えてきたともいえます。 その公共事業が称えられ、創始者のDavid M. Consunjiは2002年にTOFIL(フィリピンの国民栄誉賞)を受賞しています。
DMCIホームズの特徴は、高品質な物件を比較的買い求めやすい価格で販売できることです。企画から建設までをグループ内で一挙に行えるため、コストを抑えることができるのです。都市部の高層ビルや高級ホテル、大型ショッピングモールの建設を手掛けてきた確かな実績を持っています。
プロとしての細部へのこだわりや、顧客への誠実さなどからサービスにも定評のあるDMCIホームズは、消費者のブランド調査において2012年~2015年の期間で4年連続首位を獲得し、信頼の厚さを示しています。

この物件に問い合わせる
※上記表示はそのままでお願いします
苗字 ※必須
お名前 ※必須
メールアドレス ※必須
電話番号 ※必須

お問い合わせ本文

マニラのプレビルド物件