フィリピン不動産物件紹介

セブセブシティ コンドミニアム 約617万〜

Azalea Place
アゼリアプレイス

  • エントランスホール
  • シネマ
  • ジム
  • スパ
  • パーティルーム
  • プール
  • 会議室
  • 図書館
間取り参考価格専有面積
Studio266万ペソ(617万円24.9㎡
1BR461万ペソ(1,070万円43.5㎡
最低初期資金31万ペソ(73万円)
支払い方法一括払い積立払い
物件名アゼリアプレイス エリアセブセブシティ
種別コンドミニアム 不動産開発業者Robinsons Land 竣工年2018年03月竣工予定
総階数25 駐車場 家具
オプションエントランスホールシネマジムスパパーティルームプール会議室図書館
この物件に問い合わせる

PILIPイチ押しポイント!

アザリアプレイス(Azalea Place)は、大手デベロッパー・ロビンソンレシデンス(Robinson Residences)が開発を手がけ、セブシティでも有数の利便性を誇る立地が特徴です。学校、ショッピングモール、オフィスビル、病院が目と鼻の先にあり、ゴロルドアベニュー(Gorordo Avenue)と呼ばれる大通りに面するため近隣の地域へのもアクセス性も高くなっています。緑豊かな庭やプール、Wi-Fi完備の図書館ラウンジ、ゲームルーム等、豊富な設備が整っています。

▶︎ エリアについて:AYALA/MABOLO IN CEBU

アヤラエリアは高層ビルの建設があちらこちらで行われ、近代化が進められているセブ島の人気スポットです。セブの中心に位置し、どこへアクセスするにも便利な立地です。1989年からアヤラグループにより開発が始められた「セブビジネスパーク(Cebu Business Park)」というエリアは、現在もなお成長し続けています。アヤラグループの、長い時間をかけて良いものを創る、という開発スタイルが映し出されている地域であり、現在、セブ島内でビジネス街として最も開発に成功している地域であり、今後のコンドミニアム開発も期待されています。
そして、このエリアを象徴するのは何といってもアヤラモールです。セブで2番目に大きい高級ショッピングモールで、毎日多くの人で賑わっています。1994年にオープンした老舗モールですが、2008年の改築、2012年にはエリア拡大のための更なる建設が行われたため、綺麗な内装になっています。また、アヤラエリア内の特に「マボロ(Mabolo)」というエリアには、高級ホテルや、多くのレストランが立ち並び、「セブ ビジネス パーク」同様、比較的治安が良い地域です。「マボロ」エリアは渋滞が発生しにくく、その背景には、ジプニーという渋滞発生の元とも言われているローカルの乗り物が1路線しか乗り入れていないということがあります。

▶︎ 開発業者について:ROBINSON LAND

「ROBINSON LAND(ロビンソンズランド)」はフィリピン大手財閥JG サミットホールディングスを親会社に持ち、オフィスビル、戸建て、ホテルの企画開発を行っている不動産開発業者(デベロッパー)です。
商業施設の開発も手掛けており、グループ企業の「ロビンソンズ」は、SMDCの手掛ける「SM」ブランドと肩を並べる大型ショッピングモールです。2015年には新たに「Robinsons Antique」と「Robinsons Galleria Cebu」がオープンし、同社は40以上のショッピングモールを保有することになります。
フィリピン各地で、5つ星ホテルや高級コンドミニアムの建設を進めており、マニラ中心部のみならず新たなエリアにも積極的に参入しています。
ロビンソンズランドが開発する、
住み心地の良さを追求した質の高い住居空間には定評があります。
グループ全体では不動産分野以外にも航空交通、銀行、食品製造、ホテル、石油化学、発電、出版、電気通信などの分野に取り組んでおり、フィリピン有数の複合企業として成長しています。

この物件に問い合わせる