フィリピン現地 '生' 情報発信

購入者はココに注目!フィリピンコンドミニアム【マニラ編】

週末フィリピンのマーケットへ足を運ぶと家族でショッピングや

食事を楽しむ人たちをたくさん目にします。

家族の結びつきが強いフィリピンでは、休日はどこでもファミリーでいっぱいです。

日本ではなかなかそのような光景を見ることは少ないですよね。

 

不動産 PILIP   11701107_848427645244772_7588357492788374233_n

 

しかし、今週私は、1組の日本人親子にマカティで出会いました。

フィリピンの購入物件の視察を目的にお父様と息子さんではるばるマニラまでいらっしゃいました。

夜も眠らない街、マカティのBurugos(ブルゴス)に位置する、

弊社の人気物件「CITADEL INN」をご購入され、

リノベーション後の視察に私もご一緒させていただきました。

 

【天井のリノベーションの様子】

PILIP リノベーション前  PILIP リノベーション後
BEFORE                                                               AFTER

 

日本の不動産や開発に携わる大手企業に15年間お勤めされていたIさん(お父様)は、

日本だけでなく、海外の投資事情にも大変お詳しく、勉強させていただきました。

 

そんなIさん親子様にお客様の声の代表として、

インタービューをさせていただいたものを下記にまとめさせていただきます。

 

 

―街づくりや不動産業界に長い間お勤めされていたIさんがフィリピンに目をつけた理由を教えてください。

 

★Iさんのあげた理由

①フィリピンの産業の成長性

②中国マネーが入ってきていないフィリピン

③フィリピンというよりマニラまたはBGC!

④人口

※Iさんの見解です。

 

【フィリピン産業の成長性】

製造業がそれほど発達していないフィリピンも最近ものすごく急成長している産業があります。

それは、「BPOビジネス」です。BPOビジネスとは、(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)

自社の業務プロセスを外部企業に委託することをいいます。

業務の一部を一括して外部に任せることで、委託側は自社のコア業務に専念することができます。

フィリピンでは欧米企業のコールセンターなどがたくさんあります。

フィリピンに多くの雇用と英語でつながるグローバルな人材が

今後フィリピンに居住される人口をさらに加速させるのではないでしょうか。

 

【カジノも雇用を生む?!】

Iさんが目をつけているエリアは、マニラ・ベイやモール・オブ・アジアの近辺の物件。

理由としては、最近多くのカジノが新しく作られているからです。

新しいカジノができるとそれに伴う経済効果と雇用はものすごく大きいと教えて下さったIさん。

カジノがこれから進出する地域は注目です!

 

【中国マネーが入ってきていないフィリピン】

フィリピンを歩いていても、中国の方を目にすることはそんなに多くはありません。

さまざまな国に進出し、アジアの地域の経済に大きな影響力を与えている中国が、

フィリピンに進出しない理由があるからこそ、フィリピンの投資や経済は安定しやすい、

とIさんは考えます。

 

 

―今回、PILIPで物件購入に至った決め手を教えてください!

 

Iさん:「CITADEL INN」という物件がものすごく気に入ったのが最大の理由です。

職業上、多くの物件や知識人と会うことがありますが、

このような穴場物件はなかなか見つかりません。

場所や利回り、総合的に見てとても気に入りました。

このような物件を紹介されたことはないのですが、どのように見つけてこられたのですか?

 

秋元:ありがとうございます。

PILIPは、やはりフィリピンにオフィスがあるのが強みだと思います。

弊社のフィリピン人スタッフが直接オーナー様や企業と交渉をして

良い物件を掘り出します。

中古物件はタイミングが命ですので、

フィリピンに身を置いてコンタクトが取れることが必要になってきますね!

 

―お部屋はいかがですか?

Iさん:18階ということもあり、眺めがとても良いですね。夜景が見たいです。

遠くにマニラ・ベイを眺められるのが最高です!

 

実は、この物件、Iさんは息子さんのご名義で購入されていらっしゃいます。

 

PILIP お客様  DSC04556_Fotor

 

その背景についてお伺いしてみました!

 

―息子さんに投資用物件をご購入されようと思ったきっかけを教えてください。

Iさん: 私自身、いくつか物件をすでに国内外へ所有しているため、

最初は税対策で息子の名義にしようと考えていました。

息子もフィリピンに留学していたり、就職先も不動産業界ということもあり、

いずれ息子がこちらに移住することも考えられるため、

今回息子に向けて購入しました。

 

息子さん:まだ、家賃収入は、父親のものなんですけどね。(笑)

いろいろ学んで、自分で運用できるようになりたいです。

 

―息子さん、いかがですか?

息子さん:物件を見に来る、という目的があるからこそ、

今回親子水入らずでフィリピンに来られたのも良かったです。

いずれ、運用できるように不動産投資の知識をしっかり学ぼうと思います。

 

Iさん親子様、本日はありがとうございました!

とても貴重な時間となりました。

 

よく皆様にお問い合わせでいただく、どのような方が

弊社のお客様としていらっしゃるのか、といった声にお応えできるように

今後も努めてまいりますので、よろしくお願いいたします。。