フィリピン現地 '生' 情報発信

何が決め手?!フィリピン不動産相場

こんにちは!
インターン生の川畑です。
今回ご紹介する物件は、PILIPが管理する
1.STAMFORD
2.INFINITY
3.BELLAGIO
というコンドミニアムのお部屋です。
それぞれ、約1000万円、約1500万円、約2000万円の価格帯となっております。
ペソでいうと、それぞれ300万~400万ペソ、500万~600万ペソ、700万ペソくらいでしょうか。

周辺地域の環境、アメニティの充実度などが
価格にどう影響があるのか明らかにしていきたいと思います。
不動産価格といっても、物件の周辺環境に左右されてきますから
今回はBGCに立地しているコンドミニアムを比較していきます。

 

1. STAMFORD

まず初めに、今回設定した価格帯としては一番低価であるSTAMFORD。
価格設定は1000万円の物件です。
STAMFORDはMEGAWORLDが建設したコンドミニアムです。

アッパーマッキンリーヒルにあるSTAMFORD

アッパーマッキンリーヒルにあるSTAMFORD

お部屋の専有面積は22㎡、STUDIOタイプです。
室内はこのようになっております。

ややコンパクトな寝室

ややコンパクトな寝室

STUDIOタイプ

STUDIOタイプのお部屋

アメニティはどうでしょうか。
STAMFORDのホームページでは一階の売店、スイミングプール、日光浴スペースが紹介されています。

フィリピンのコンドミニアムといえばプール付き

フィリピンのコンドミニアムといえばプール付き

STAMFORDはコンドミニアムの外観や、お部屋の雰囲気に比べ、
アメニティがしっかりしているなという印象を受けます。
個人的にはこの物件のおすすめポイントは
MEGAWORLDが開発した地域アッパーマッキンリーに建てられており、
コンドミニアムと一体型の売店があり便利な点です。

ちなみにですが、マカティの物件で専有面積が22㎡前後のお部屋はいずれも約1000万円(300万~400万ペソ)程度の価格です。
ここ、アッパーマッキンリーも例外なく大体その価格となっております。

 

2. INFINITY

次に、INFINITY
価格帯は約1500万円です。
INFINITYを建設した会社はNUVOLAND PHILIPPINESです。

INFINITYの外観

INFINITYの外観

INFINITYのお部屋の専有面積は39平方メートルで先ほどのSTAMFORDの約2倍です。

STAMFORDのリビングルーム

INFINITYのリビングルーム

家族で住むにはちょうど良い広さですね。
そして気になるアメニティはプール、子供の遊び場、ジムなどです。

広々としたスペース

広々としたスペース

広々としたプール

広々としたプール

このコンドミニアム周辺には、BPI,BDO, SECURITY BANK, BNPなど様々な銀行が揃っており、非常に便利です。
もちろん各エントランスにはガードマンがついており安全です。
また、近隣には「MARKET! MARKET!」といわれる複合商業施設がありますので、スーパーマーケット、衣料品、レストラン、カフェなどがあり便利です。

こちらもマカティにある物件、GREENBELT CHANCELLOのSTUDIOタイプで専有面積が36㎡の物件と比較すると、やはり1500万円程(約600万ペソ)であります。ただし、この物件に関してはGREEN BELTといって、高級ショッピングモール付近にありますので、やや割高感はあります。

 

3. BELLAGIO

最後に、PILIPの販売する物件としても最高の価格帯に属するBELLAGIO.
価格帯としては、日本円で約2000万円程度で、専有面積は48.3㎡です。
前回ご紹介させて頂いたFORBES TOWN CENTER の後ろにそびえ立っているコンドミニアムがBELLAGIOです。

forbes town centerの後ろにあるコンドミニアム

forbes town centerの後ろにあるコンドミニアム

キッチンと大きな窓のあるお部屋

キッチンと大きな窓のあるお部屋

BELLAGIOがHPで公表しているアメニティやその他施設は、メインプール、子供用プール、
大宴会場、日光浴スペース、フィットネスルームなど様々ございます。
こちらのフィットネスルームは先のものと比較しても少し豪華ですね。

立派なフィットネスルーム

立派なフィットネスルーム

マカティにある物件GREENBELT PARKPLACEも専有面積が同じく48㎡ですが、
やはり、約2000万円(700万~800万ペソ)です。

 

さて、ここまでで三つの物件をお部屋の広さ、アメニティの充実度を中心に比較してきましたが、
総じて物件の価格に一番影響が大きいのは、お部屋の広さということがわかりました。
BGC内の他の物件と比較してもやはりお部屋の広さ(専有面積)
によって大体の物件価格が決まってくるようです。

 

ただBELLAGIOに関しましては、先の写真でもご覧いただいたように、
非常に豪華なコンドミニアムでアメニティもかなり充実しております。
私の感覚としましては、マカティの物件のほうがゴージャスで、
しかも周辺地域にお店も多数ございますので、
お部屋の広さを基準としたときに割高な価格の物件もございます。

したがって、コンドミニアムのアメニティ、周辺地域の生活水準、
などもやはり物件の価格に影響しているようです。

 

いかかがでしょうか。物件価格は、お部屋の広さ、周辺地域の利便性や将来性、
コンドミニアムのアメニティの充実度などによって決まってきます。
今後、海外投資やフィリピン不動産物件購入ご検討の際には、ぜひ、参考にしてみてくださいね。

最後までお読みくださりありがとうございました。