フィリピン現地 '生' 情報発信

フィリピン不動産のリノベーション!やる?やらない?

こんにちは。インターン生の蓮池です。弊社が所在しているBGCでは街中を歩いていると、壁やちょっとした建造物におしゃれな絵が描かれていたりしることを多く見かけます。建物や街の人の服装もカラフルなものが多く、見ていて面白いです。デザインが与える影響は大きいと感じます。
不動産に関して言いますと、日本でもリノベーション物件が増え、デザイナーズマンションなど、個性的な住宅が増えています。中古物件をリノベーションすることで新築よりも安く、そして自分の好きなようにできるというところが魅力のようです。
ここフィリピンではそういった意味合いもありますが、そもそも物件を賃貸に出す時は、家具付きですので、どういうデザインの部屋かということは、賃借人の集客の意味でも重要になってきます。弊社では自社でのそれぞれのユニットに対して、それぞれに独自のデザインを施します。つまり世界にひとつだけのデザインです。また、家具や食器についても厳選させていただき、部屋全体をデザインしてきます。今回、私は現在レノべーション中の物件を見させていただきましたので、ご紹介したいと思います。

まず、リノベーションの工程ですが、基本的に天井、壁、床から始まり、バスルーム、キッチンの順番で行うそうです。今回は、2ユニット見せていただきました。

 

現在リノベーション中の2物件

 

ユニット1
フィリピン リノベーション
こちらは施工後の写真ですが。関節照明がいいですね。こういったことだけでも雰囲気はがらりと変わると思います。

 

ユニット1
フィリピン リノベーション
水色と白のコントラストがきれいでした。

 

ユニット2
フィリピン リノベーション
こちらの材料と道具を使い壁を仕上げていくそうです。

 

ユニット2
フィリピン リノベーション
どういった仕上がりになるのか楽しみです。

 

ユニット2
フィリピン リノベーション

先ほどの加工中の壁とは違ったテイストの加工のようです。

 

人は五感の中でも視覚からの情報量が大きい割合を占めていると言われております。食事に関しても、目隠しをされたまま食べるより、食材や食器などを目で見て食べる方が当然、美味しいと感じるでしょう。そういった意味でも、視覚の情報、つまりデザインが人間に与える影響は多大だなと思います。不動産に関してもそこに住んでいるだけで、その部屋で過ごす生活に充実感をもたらせてくれる力があると思います。そして不動産に付加価値が生まれ、オーナー様やそこに住む賃借人にとってここにしてよかったと思えるようになると思います。是非、弊社のリノベーションを検討みてはいかかでしょうか。