フィリピン現地 '生' 情報発信

フィリピン不動産購入:セブ直行便で飛行時間たったの5時間で到着!

フィリピン-11月-移住

こんにちはインターン生の松本です。11月になり日本は紅葉シーズン真っ盛りですね。私は大学が京都にあるので北野天満宮の紅葉狩りに友人と行ったのが懐かしく思い出されます。今年も非常に冷え込むと思いますが、お怪我なされぬようお気をつけ下さい。

そして今回のテーマは「セブ直通航空便と飛行時間」についてお話します。アジア有数のリゾート地であるセブには日本からわずか5時間で行けてしまうのです。しかも日本三大都市である東京(成田空港)・愛知(名古屋空港)・大阪(関西国際空港)に発着便があるのです!


東京/名古屋/大阪 → セブ直通航空便と飛行時間について

セブにマニラ経由ではなく直通便で行くことのメリットは、時間が短縮できることに加え、トラブルに遭うリスクを軽減出来る点にあります。何といってもマニラ空港(国際線)周辺はフィリピンの中でも危険度が高いため、出来るだけ避けたいところです。セブにお立ち寄りの際は直行便を利用してみてはいかがでしょうか。

フィリピン・セブ・直行便_Fotor

着港している航空会社について

日本とセブを直接結ぶ航路を持つ航空会社は、3社ありますのでご紹介致します。

[1] 全日本空輸株式会社 ( ANA )

言わずもがなという日本最大級の航空会社ですね。日本の三大都市全ての空港からセブに直行便で行くことができます。お値段はややお高めですが、イギリス・スカイトラックス社が定める「5スター航空会社」に選ばれるほどのサービス水準の高さは折り紙つきです。

FROM 成田空港   TO マクタン・セブ国際空港
[時間] 14:25 – 18:55 (5時間30分)
[費用] ¥172,910

FROM 関西国際空港 TO マクタン・セブ国際空港
[時間] 09:15 – 14:25 (4時間10分)
[費用] ¥54,600

FROM 名古屋空港  TO マクタン・セブ国際空港
[時間] 15:25 – 19:10 (4時間45分)
[費用] ¥65,659

フィリピン・セブ・直行・ANA

[2] フィリピン航空(PAL)

1941年に設立されたフィリピン航空は、国を代表する航空会社でありアジアで最も長い歴史を持つ航空会社でもあります。更に1947年にはマドリード線を開設しアジアで最初のヨーロッパ航路を設けました。マニラではターミナル2を国際線として用いています。

FROM 成田空港   TO マクタン・セブ国際空港
[時間] 14:25 – 18:55 (5時間30分)
[費用] ¥24,309

FROM 関西国際空港 TO マクタン・セブ国際空港
[時間] 09:15 – 14:25 (4時間10分)
[費用] ¥35,839

FROM 名古屋空港  TO マクタン・セブ国際空港
[時間] 15:25 – 19:10 (4時間45分)
[費用] ¥15,155

フィリピン・飛行機・セブ・直行

[3] セブパシフィック航空

1996年に設立され今ではフィリピンで最大との航空会社となっています。LCC(格安航空)の分類に入り、1ペソSALEなど積極的なサービス展開で業績を上げています。2014年には名古屋空港への直行便も開通させています。

FROM 成田空港   TO マクタン・セブ国際空港
【時間】 12:05 – 16:20 (5時間15分)    
【費用】 ¥24,309 

フィリピン・セブパシフィック・セブ直行便_Fotor

まとめ:飛行時間5時間でリゾートセブへ

非常に便利な時代となり、直線で日本から3,247Kmも離れているセブ島に5時間で行けるようになりました。もしかすると10年後にはもっと短い時間で行き来できる時代が来るかもしれません。そうするとより海外に出ることが容易になります。

10年後や、15年後を見据えてセブに別荘を構えるというのも良いアイデアかもしれませんね。またPILIPでは物件投資のお手伝いもしており、現地不動産事情に精通したスタッフがおります。不動産・VISA・ビジネスに関してご不明点がありましたらお気軽にご連絡下さい。