フィリピン現地 '生' 情報発信

【フィリピン不動産情報】セブのオススメ投資/居住用物件CALYX

CALYX

こんにちは、インターン生の松本です。先日まで2ヶ月近くセブに滞在しておりまして、15ほどの不動産の内部を視察する機会を得ました。その中でもCALYX RESIDENCES(カリックス・レジデンス)という不動産が非常に良い物件で、外部からの評価も高かったのでご紹介させて頂きます。フィリピンでの居住用・投資用物件の購入をご検討の方に読んで頂ければ幸いです。


弊社社員イチオシのCALYX!その実態とは?

はじめに本コンドミニアムの概要についてご紹介致します。

物件名 :CALYX RESIDENCES
階数  :28階
設備  :ジム / プール / コミュニティスペース / ラウンドリー
位置  :CEBU CITY,CEBU
形態  :READY FOR OCCUPANCY (中古物件)
開発業者:Cebu Landmasters Inc.
竣工年 :2013年
広さ  :30.60平方メートル

DSC_0418_Fotor

位置情報

セブ州最大級のビジネス街とショッピングモールを徒歩圏内とし、セブで開発が進むその他区域への移動も非常に容易な場所に位置しています。この地域はセブで最も開発が進む地域なので治安も安定しており、不動産の需要が高まっています。

清潔感溢れるエントランス

入り口には24時間セキュリティをチェックする警備員と係員が出迎えてくれます。エントランス自体は白を基調とした清潔感のあるデザインで、非常に落ち着く雰囲気になっています。シンプルな作りなので日本人の好みでもあるかと思います。

DSC_0774_Fotor

Calyxの全部屋のうち40%が外国人に向けて販売されているようで、建物の中でヨーロッパ人を見る機会が多くありました。家族連れで滞在されている方も多いようで、子どもがはしゃぐ姿が見られました。どこの国の子どもも等しくかわいらしいですね。

DSC_0778_Fotor

シンプルでアレンジの効くSTUDIOタイプ

部屋の大きさは、STUDIOタイプ(26sqm)・special-mergedタイプ(62~73sqm)・Penthouseタイプ(99~152sqm)の3種類があります。今回は最も人気のあるSTUDIOタイプを写真でご紹介します。

DSC_0447_Fotor

26平方メートルだと少し狭く感じるかもしれませんが、リノベーションを施すことで上手く活用することが可能な広さです。立地の良いCALYXでかつ、需要があり高い稼働率が見込めるSTUDIOタイプであれば不動産投資向きです。周囲に景色を遮る建物は無いため、非常に見晴らしも良くなっています。

DSC_0802_Fotor

圧倒的な設備・アメニティ

■ ジム

1階にある公共のジムは滞在者であれば無料で使用することが可能です。ランニングマシーンやバランスボールといった一般的なものからバーベルや背筋等を鍛える専門的なものなど、非常に充実しています。意外と、ここまで器具が揃っている物件を見つけるのは苦労します。

DSC_0782_Fotor

■ ラウンドリー

フィリピンのコンドミニアムでは、スペースを確保するために洗濯機を部屋に置かないのが一般的です。そうなると街中にあるラウンドリー屋さんに服を持って行くことになりますが、CALYXの場合1階に居住者用ラウンドリーが設置されています。よって、ここに服を持って行けばスタッフが洗濯をしてくれます。

DSC_0436_Fotor

■ プール

最上階にあるプールは、シンガポールのマリーナ・ベイサンズを彷彿させるデザインとなっており、非常に見渡しの良い光景を眺めながら泳ぐことができます。一度、夕日が沈む時刻に来たことがあるのですが、言葉にするのがもったいない程の美しさでした。

DSC_0495_Fotor

■ コミュニティ・スペース

プールと同じ最上階には広いコミュニティ・スペースがあります。写真に映っているのは一部ですが、この他にソファーがあったりTVゲームや勉強をするスペースなどがあります。コミュニティスペースを貸しきることも出来るので、オシャレなホームパーティなども出来そうです。

DSC_0479_Fotor

最後に

立地と設備で圧倒的な魅力を放つCALYXでしたが、いかがでしたでしょうか?私が初めて訪れた際には大きな興奮を覚えたので、是非皆さんにもぜひぜひ訪れて頂きたいなと思います。何かご不明点がありましたら、弊社までお問い合わせ下さい。最後までお読み頂き有難うございました。