フィリピン現地 '生' 情報発信

【劇的なビフォーアフター!】フィリピンの今と昔と未来 〜BEACON〜

今回の『劇的なビフォーアフター』では、フィリピン・マニラのマカティ市にあるコンドミニアム、BEACON(ビーコン)のお部屋を紹介いたします。

マカティはメトロマニラの中心に位置しており、ビジネス発展地域です。オルティガスやBGC(ボニファシオ・グローバルシティ)などもビジネスエリアとして栄えており、マニラはこの3つの都市がビジネスの中心となっております。
PILIPの本社はBGC(ボニファシオ・グローバルシティ)にあります。

マニラ

その中のマカティに位置する今回のコンドミニアム、ビーコン周辺は日系企業が多く進出しており、目の前にはリトル東京というエリアがあります。日本食レストランが立ち並んでいて、お寿司やとんかつ、ラーメンなどなど。歩いていると日本にいる感覚になってしまいます。
大型のショッピングモール群も近くにあります。
(グリーンベルト、ランドマーク、SM、グロリエッタ)

ビーコンは、上記の理由もあり日本人に人気があります。
もちろんビジネスエリアですので、外国人やフィリピン人からも支持がある物件です。

それでは、まず購入時の物件写真でございます。
ご覧くださいませ。

BEACON(ビーコン)購入時

BEACON(ビーコン)キッチン

内装が何もない状態。と言いますのも、このお部屋は何もない状態での購入です。

実際に物件を購入して賃貸(リーシング)に出し家賃の収入を得たいと思われている方がいらっしゃると思いますが、中古コンドミニアム物件の購入をして、すぐに貸し出しする。というのは難しい状況になります。


理由と致しまして、フィリピンでは、semi furnish(セミファーニッシュ)とfull furnish(フルファーニッシュ)と言って、コンドミニアムのお部屋を借りる前から、家具がもともと付いているお部屋が多いのです。
セミファーニッシュは、ソファーとベットなど必要最低限なものがあったりなかったりお部屋により異なります。full furnish(フルファーニッシュ)は、生活が始めれる状態の物件となります。弊社 PILIPでリノベーション(リフォーム、改装、内装)を行う場合は、お部屋探し中の方がお部屋を内覧して『明日から入居したい!』と即入居いただける状況を作ります。

それでは次の写真です。リノベーション(リフォーム、改装、内装)中の写真をご覧ください。

BEACON(ビーコン)内装工事中

BEACON(ビーコン)内装工事中

BEACON(ビーコン)内装工事中

BEACON(ビーコン)内装工事中

いかがでしょうか、壁や床も取り外しデザインしていきます。

 

PILIPでのリノベーション(リフォーム、改装、内装)は、フィリピンだけでなく海外からも家具を仕入れており、PILIP独自で行っています。家具を作る場合もあります。その他家電なども配置していきます。さらに、細かい作業も行います。壁にかける絵画も厳選して部屋に飾り、コーディネートとデザインを行っていきます。キッチン周りやトイレ周りなども工事をしていきます。

リノベーション後の写真を紹介したいと思います。
ご覧くださいませ。劇的なアフター! これが何もなかったお部屋ですよ!

BEACON(ビーコン)

BEACON(ビーコン)PILIP

BEACON(ビーコン)PILIP

いかがでしょう。魅力的なお部屋に生まれ変わっていますね。

PILIPでは不動産のリノベーション(改装)だけでなく、その後お部屋の掃除などの管理も行っており、賃貸に出し、お客様の案内も行っています。

フィリピンは成長中。10年前に比べ変化が著しいです。日本で例えると数十年前の高度経済成長期と例えられています。今後のフィリピンに益々注目ですね。フィリピンでの不動産投資は、PILIPにお問い合わせいただければと思います。購入だけでなく、購入後のご相談もさせていただきます。

フィリピンにてお会いしましょう。スタッフ一同、オフィスにてお待ちしております。

 

〜スタッフ、上野からのコメント〜
BEACON(ビーコン)は、僕個人としても好きなエリアにあります。
家で日本食を作ったりするのですが、日本の調味料はこのエリアで購入します。
僕の住んでいる地域(グローバルシティ)は日本のグロサリーショップ(食料品・生活雑貨・日用品店)がないのです。
納豆が好きなので、ここLittle Tokyo(リトル東京)まで来ますよ!笑

PILIPは、コンドミニアムの販売をすることが目的ではありません。
フィリピンにて実現されたいご要望をお伺いし、その時にPILIPでご提案出来る、最も良い提案をさせて頂きます。
ですので、お客様の理由によってはフィリピンのコンドミニアムの購入をお勧めしないこともあります。

フィリピン移住コンサルタント 上野

お問い合わせはこちらをクリック