フィリピン現地 '生' 情報発信

「6億ペソのオファー」&「ボラカイ島で感じるグローバリゼーション」

実は、小規模のフランチャイズビジネスを

現地で展開しているのですが、

 

現在、その新しいショップの立ち上げで、
ボラカイ島にきています。

 

気付けば、年間でボラカイ島には、
10回以上通うまでになっています。

 

ボラカイ島は、日本人には、
あまり馴染みがない場所ですが、

 

韓国の方にとっては、
日本人のハワイに当たる場所(楽園)です。

 

ボラカイ島は、ご存知でしたでしょうか?

 

実は、数年前に世界一美しいビーチにも
選ばれている世界でも有数の場所でもあるんです。

 

そんな美しい島、
ボラカイ島にいるわけですが、

 

自分自身が、ここで特に感じる
「2つの気づき」がありましたので、
本日、シェアさせて頂こうと思います。

 

——————————————
1.フィリピンは、本当に、
  いろいろな国の人がいるということ。

2.300倍の成長率!?
——————————————

 

1.フィリピンは、本当に、
いろいろな国の人がいるということ。

 

フィリピンの人の柔軟性は、
アジアで、ずば抜けていて、
本当にインターナショナルだと感じます。

 

正直、フィリピンの方が、
うらやましいという気持ちになるほどです。

 

何故なら、自国にいながらにして、
まるで世界中を旅したかのように、

 

たくさんの異なる意見を、
違う国の人達とシェアできるからです。

 

日本は、今なお鎖国状態なので、

 

普通に生活しているだけでは、
外国の方と触れあう機会というのが、
極めて稀なことも、

 

うらやましいと感じる
大きな理由でもあると思っています。

 

ここで日本に対する危機感は、

 

益々グローバル化する世界の中で、
現在の日本の子供が、
世界で戦っていけるのか。

 

ということを考えると、
若干、心配になるのは事実です。

 

やはり若いうちから、
どんどんハングリーに
世界に出ていって欲しい!

 

と、個人的に考えるのですが、
どのように考えるでしょうか。

 

自分の人生で体験できることは
限られていますが(自分の時間は1日24時間なので)、

 

様々な異なる意見を持つ人から
聞いて学ぶことができたら、
その限界を何倍にもすることができると
個人的には、考えています。

 

2.300倍の成長率

 

Boracay Sunというローカル新聞にあったのですが、

 

今年は雨、台風が多かったにもかかわらず、
去年の同じ時期(1月~8月)と比較して
観光客の数は12%伸びているそうです。

 

もちろんそこには
ビジネスチャンスがあるわけであって、
ちなみに驚いたのが土地の価格の上昇率です。

 

私達がお店を出しているリゾートの
マネージャーに聞いたのですが、

 

オーナーはそのリゾートを、10数年前に、
わずか200万ペソ(約350万円)で購入したそうです。

 

それで、現在、その土地を買わせてくれないかと、
そのオーナーに1つのオファーがあったそうです。

 

クイズではないですが、
土地を買いたいと、
いくらでオファーがあったと思いますか?

 

・・・

 

答えは、、

なんと「6億ペソ」です。

日本円で約10億円。

10年足らずで、約300倍。。

そのオファーのあった土地は、

 

Station 2という場所にある
ボラカイの中心に位置するリゾートなのですが、
中心の割に、メンテナンスが行き届いておらず、
ロケーションを十分に生かしきれていない場所でした。

 

そんな場所に、
当時購入金額の300倍の価格でのオファー。

 

それだけ、今後、
ポテンシャルのある場所と見込んでいるようです。

 

以前は、

 

「正直、こんな良い立地なのに、
メンテナンスもされてなくて、
もったいないなぁ。。オーナーは怠慢だなぁ」

 

と、個人的には感じていたのですが、
土地の価値上昇率が半端ないことを考えると、

 

オーナー的には、
別にメンテナンスなんて、
しなくても良いか。

 

と考えているのかもしれません。

 

現在、ホワイトビーチ沿い(メインビーチ)の土地を売ろう
というオーナーは、ほとんどいないそうです、

 

理由は、その土地のポテンシャル、
価値に気付いているからでしょう。

 

それもそのはず、

 

日に日に、国際線の本数も増え、

 

今まではバスなどを乗り継いでしか
行けなかったのが、今では
かなり交通インフラが充実してきています。

 

そして、情報網の発達などにより、
さまざまな国の環境客が訪れる、
国際的な観光スポットに、

 

ボラカイ島は、
変貌してきています。

 

なによりビーチが美しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めて訪れた時は、

 

「アジアにこんな美しいビーチがあったんだぁ。
なんで今まで、
ここを知らなかったんだろう。。」

 

と思ったものです

 

(まだ行ったことがない!場合は、是非是非!!)

 

こんな魅力満載のボラカイ。

 

もし、ご希望があれば、
皆でボラカイツアーに行くのも
面白そうだなあなんて、考えていたりしています。

 

それにしても、
本当に、これから伸びていくしかないなあ。

 

と、現地にいると、
ひしひしと感じます。

 

フィリピンの人口の増加、
観光客の増加。

 

もし、フィリピンに先見性を感じられている場合は、
永住権にしろ、不動産にしろ、土地にしろ、
本当に早いに越したことはないですね。

 

今から10年が経った時、
現在では想像がつかない
状況になっているでしょうから。

 

現在、フィリピンに
可能性を感じられている場合は、

 

不動産のこと、永住権のこと、
ビジネス進出のこと、基本的に
フィリピンでのコトであれば
弊社では何でも、お力になれます。

 

気になる、
フィリピンでの不動産、ビジネスに関する
法務面に関しては、

 

弊社所属の弁護士もおりますので安心して、
不動産の所有、ビジネス展開に集中することが可能です。

 

そして、

 

ローカルの強固のネットワークを、
構築しているのも弊社の大きな強みの1つです。

 

お気軽にご相談ください。
お問い合わせはこちら

 

それでは、また現地より
生の状況をレポートいたします!

 

少しでも参考になれば幸いです!

 

ありがとうございました。

 

 

PS:

 

今では、華やかなボラカイですが、

 

以前までは、オーナーは、
いかにシーズン以外の時期を
赤字にせずに乗り切りことが出来るのか。
と、頭を悩ませていました。

 

それが、今では
オフシーズンがなくなり、

 

雨さえ降らなければ、
どの時期もトップシーズンのごとく
観光客が絶えない場所になりました。

 

このようなパラダイムシフトを
肌で感じることができるのも

 

発展する伸びしろの残された
フィリピンで生活できているからこそなのだと
感じています。

 

今の日本人に選択を
突きつけられているのかもしれません。

 

変化するか、退化するのか…